Madlib

| Tag :  Madlib,

main_30_131028121657

12年ほど前のことになる。ワックス・ポエティックスの記念すべき創刊号で、“次世代のビートメイカー”として誌面紹介したオーティス・ジャクソンは、その後、マッドリブ、カジモト、ビート・コンダクタなど多くの人格を有する天才アーティストとして広く世界的に知られるようになった。東海岸の先人たちが定義したルールに則りつつも、それを独自に刷新した彼の音楽は、ヒップホップ・ビートの新時代の到来を告げるものだった。

Share this Article

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。